ワイモバイルは海外で利用できる!設定と注意点を解説!

きりもちゃん

ねえトロちゃん、ワイモバイルって海外で使えるんだっけ?
使えるよ!でも、いきなりどうしたの?もしかして海外旅行にでも行くの?

トロ

きりもちゃん

そうそう、実は今度ハワイに行く予定なんだ⭐️
いいなあ🐷でも、行く前にしっかり準備していかないと痛い目に合っちゃうかもよ

トロ

結論から言うと、海外でワイモバイルを利用することは可能です。しかし行く前にしっかり準備をしないと、高額な利用料金を請求されてしまうなど、トラブルの元となる可能性があります。

そこでこの記事では、以下のことを解説しています。

  • ワイモバイルを海外で利用するために、渡航前に準備するべきこと
  • ワイモバイルを海外で利用する際に、気を付けたいこと

仕事や家族旅行などで海外を訪れる際に、トラブルは起こしたくないですよね。この記事を読んで、ワイモバイルを海外で利用する際の注意点を事前に理解しておきましょう。

 ワイモバイルは海外で利用できるが、別途オプションの申し込みが必要

他の格安SIMサービスでは、海外で利用できないことが多いですが、冒頭でもお話した通りワイモバイルなら海外でも通話やデータ通信などの利用が可能です。

しかしそのためには、【国際ローミング】というオプションに申し込む必要があります。

【国際ローミング】とは、国内で利用している端末のまま海外でもメールや通話、データ通信が利用できるというサービスです。

国際ローミングのローミングは、英語で「歩き回る」っていう意味なんだ。

トロ

きりもちゃん

なるほど~。意味が分かるとイメージがしやすいね!
国際ローミングについて理解できたら、次は申し込みをしてみよう!

トロ

国際ローミングオプションに申し込もう

では、国際ローミングオプションについて簡単に理解できたと思うので、次に申し込みをしてみましょう。このオプションは、月額の費用が無料でスマホから簡単に申し込むことができます

国際ローミングオプションの申し込み方法

国際ローミングオプションの申し込み手順は、次の5つです。特に難しいことはないので、心配いりません。では、1つずつ見ていきましょう。

1.My Y!mobileにログイン

電話番号とパスワードを入力して、My Y!mobileにログインしましょう。

My Y!mobileはこちらから➡https://my.ymobile.jp/muc/d/top/

2.【契約確認 変更】をタップ

My Y!mobileにログインできたら、画面上にある【契約確認 変更】をタップします。

3.【オプションサービスの変更】をタップ

【お手続き】の項目にある【オプションサービスの変更】をタップしましょう。

出典:https://www.ymobile.jp/service/global_roaming/setting/

4.【サービスを探す】をタップ

出典:https://www.ymobile.jp/service/global_roaming/setting/

5.【世界対応ケータイ】の【加入】をタップ

申し込み可能なサービスの一覧が出るので、【世界対応ケータイ】の【加入】をタップしましょう。

出典:https://www.ymobile.jp/service/global_roaming/setting/

以上で、国際ローミングオプションの申し込みは完了です。

国際ローミングオプション申し込みの際に気を付けたい注意点

国際ローミングオプションの申し込みをする上で、気を付けなければならない点が2つあります。

  • ワイモバイルでの契約状況により、国際ローミングオプションに申し込みできない場合がある
  • 申し込みは、出国前に済ませておこう

1つ目は、ワイモバイルでの契約状況により、国際ローミングオプションに申し込みできない場合があるということです。

ワイモバイルに契約した際に、SIMカードと一緒に端末を購入した場合は、オプションに加入することができます

しかしSIMカードのみの契約をした場合、新規契約または機種変更のどちらでも、契約から4カ月目の末日まではオプションに加入することはできません

ただし、契約後5カ月目以降であれば、加入することは可能です。

2つ目は、「オプションの申し込みは、出国前に済ませておいたほうが良い」ということです。

渡航先に到着してからだと、まずデータ通信ができないので、現地でプリペイドSIMカードを調達するか、フリーWi-Fiを探したりなどする必要があります。

またフリーWi-Fiはセキュリティ面で問題がゼロとは言えず、クレジットカードなどの個人情報が抜き取られることもあるため、利用は控えた方が良いでしょう。

きりもちゃん

海外旅行に行く直前にSIMカードのみをワイモバイルで契約しても、旅行先では利用できないんだね
そうそう。それでも他の格安SIMサービスは海外で利用できない場合がほとんどだから、ワイモバイルは優秀なんだよ!

トロ

対応機種

国際ローミングオプションの対応機種は、以下の通りです。

iPhone iPhone7, iPhone6s, iPhoneSE, iPhone5s
スマートフォン Libero S10, Xperia 8, HUAWEI P30 lite, Android One S7, Android One S6, Android One X5, Android One S5, Android One X4, Android One S4, Android One X3, Android One S3,
HUAWEI P20 lite, HUAWEI nova lite for Y!mobile, Android One X2, Android One X1, Android One S2, Android One S1, 507SH, かんたんスマホ, Nexus 6P, DIGNO E,
AQUOS CRYSTAL Y2, AQUOS Xx-Y, Nexus 5X, LUMIERE, AQUOS CRYSTAL Y, DIGNO C, Spray, Nexus 6, DIGNO T, Nexus 5, ARROWS S, arrows J, LG Q Stylus,
AQUOS Phone ef, AQUOS Phone es, DIGNO DUAL 2, DIGNO DUAL, STREAM
タブレット Lenovo TAB4, Media Pad M3 Lite s, MediaPad T2 Pro, Lenovo TAB3, Lenovo TAB2, Surface 3
Pocket WiFi Pocket WiFi 803ZT, Pocket WiFi 801HW, Pocket WiFi 601ZT, Pocket WiFi 603HW, Pocket WiFi 506HW, Pocket WiFi 504HW, Pocket WiFi 502HW
ケータイ DIGNO ケータイ3, AQUOS ケータイ3, DIGNO ケータイ2, AQUOS ケータイ2, DIGNO ケータイ, AQUOS ケータイ

出典:https://www.ymobile.jp/service/global_roaming/#alert

きりもちゃん

よし!国際ローミングオプションに申し込んだし、これで準備OK!
ちょっと待った!このまま旅行先でスマホを利用したら、高額な利用料金が請求されちゃうよ!

トロ

きりもちゃん

え、そうなの!?他にもなにか手続きが必要なの?
国際ローミングオプションの申し込みはあくまで、スマホを海外で利用できるようにしただけなんだ

トロ

データ通信には気を付けよう

海外でインターネットなどのデータ通信を行う場合、ワイモバイルではパケット通信料が1KBあたり2円かかります。

インターネットでニュースを1ページ閲覧するだけでも、約300KBの容量を消費するので、仮に10ページ閲覧すると約6,000円もかかってしまうのです。

何か調べ物をしたら、10ページなんかあっという間ですよね。

きりもちゃん

安く使うにはどうすればいいの?
【海外パケットし放題】っていうオプションの出番だよ

トロ

海外パケットし放題に加入しよう

海外でインターネットなどを利用してデータ通信をする際は、必ずこの【海外パケットし放題】に加入しましょう。

このオプションを付けると、どれだけパケットを消費しても、かかる料金は一日あたり最大2,980円に抑えることができます。

オプションに加入せず、パケットをたくさん消費してしまうと、少なくとも1日数万円以上かかってしまいます。知らずに利用して、帰国後に請求書を見てパニックにならないようにしましょう。

ちなみに1日に消費したパケットが25MBまでなら、料金を1,980円までに抑えることができ、消費パケット量が990KBまでなら利用した分に応じた料金になります。

出典:https://www.softbank.jp/mobile/service/global/overseas/packet-flat-late/

きりもちゃん

海外に行くなら絶対海外パケットし放題に申し込まなきゃダメだね!
そうなんだよ。それに利用が少なければその分料金も安くなるのは良心的だよね

トロ

海外パケットし放題・設定方法

では、その海外パケットし放題オプションの設定方法を見ていきましょう。

まず、渡航先が海外パケットし放題の対象であるかどうかを確認する必要があります。

180の国と地域が対象になっており、これまでの利用者の渡航先が99.8%網羅されています。そのため渡航先が対象漏れしている心配はなさそうですが、しっかりと確認しておきましょう。

対象国の確認はこちらからhttps://www.softbank.jp/mobile/service/global/overseas/packet-flat-late/carrier-list/

ただし、渡航先での他国との国境付近では、隣接する国や地域の通信事業者に自動的に接続され、パケットし放題の対象から外れる恐れがあるので注意しましょう。

また、海外パケットし放題にはサポートアプリがあります。このアプリは、渡航先で海外パケットし放題が適用されているかどうかを確認することができます。

渡航先で移動するたびに余計な不安を感じないようにするためにも、ダウンロードしておきましょう。

iPhoneをお使いの方はこちら👇👇👇

http://itunes.apple.com/jp/app/hai-waipakettoshi-fang-ti/id510012478?mt=8

androidをお使いの方はこちら👇👇👇

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.softbank.mb.SBMRoaming

設定方法は、iPhoneとandroidの場合で異なります。

iPhoneの場合

iPhoneでの海外パケットし放題の設定手順は、次の4つです。

1.ホーム画面から【設定】をタップ

出典:https://www.softbank.jp/mobile/service/global/overseas/packet-flat-late/iphone/

2.【設定】を開いたら、【モバイル通信】をタップ

出典:https://www.softbank.jp/mobile/service/global/overseas/packet-flat-late/iphone/

3.【通信のオプション】をタップ
この時【通信のオプション】が表示されていない場合は、【モバイルデータ通信】をタップすると表示されます。

出典:https://www.softbank.jp/mobile/service/global/overseas/packet-flat-late/iphone/出典:https://www.softbank.jp/mobile/service/global/overseas/packet-flat-late/iphone/

4.【データローミング】をタップ
【4Gをオンにする】がオフになっている場合はタップして、【音声通話とデータ】または【データ通信のみ】のどちらかをタップしましょう。

出典:https://www.softbank.jp/mobile/service/global/overseas/packet-flat-late/iphone/

以上で、iPhoneでの海外パケットし放題の設定は終了です。

androidの場合

Androidでの海外パケットし放題の設定手順は、次の4つです。

1.ホーム画面から【設定】をタップ

出典:https://www.softbank.jp/mobile/service/global/overseas/packet-flat-late/iphone/

2.【もっと見る】をタップ

出典:https://www.softbank.jp/mobile/service/global/overseas/packet-flat-late/iphone/

3.【モバイルネットワーク】をタップ

出典:https://www.softbank.jp/mobile/service/global/overseas/packet-flat-late/iphone/

4.【データローミング】をオン
この時、【優先ネットワークタイプ】に4Gが選択されていない場合は、4Gに設定しましょう。

出典:https://www.softbank.jp/mobile/service/global/overseas/packet-flat-late/iphone/

以上で、androidでの海外パケットし放題の設定は終了です。

スマホを海外で利用する場合は、海外パケットし放題の設定はマストなので、忘れずに必ず設定しましょう。

きりもちゃん

海外パケットし放題の設定できたよ!
それはよかった!ちなみにハワイに何日いくの?

トロ

きりもちゃん

10日間だよ!……….1日3,000円なら10日で3万円!!!!!
そんな時はポケットWi-Fiがおすすめだよ

トロ

安く抑えたい場合はポケットWi-Fiを利用しよう

海外パケットし放題に加入することで、1日のデータ通信の利用料金を約3,000円に抑えることができるとはいえ、渡航先に長期間滞在すると料金がかさみますよね。

出張や長期間の旅行で海外に滞在する方には、ポケットWi-Fiがおすすめです。

ポケットWi-Fiとはモバイルルーターのことで、手のひらサイズでコンパクトなため、外出先でもWi-Fiを通してインターネットを利用することが可能です。

ワイモバイルでは、Pocket Wi-Fi 海外データ定額というサービスがあり、申し込みをすれば世界100か国以上で利用することができます。

料金は月額基本料で3,980円かかりますが、1日あたりの通信費はわずか90円で利用できます。

海外パケットし放題のオプションだと、1日あたりの通信費が最大2,980円かかっていたので、かなりお得ですよね。

容量は7GBまで利用でき、それ以上利用した場合は速度制限がかかってしまいます。

ただし、端末代金の10,800円がかかることも考えておかなければなりません。そのためPocket Wi-Fi 海外データ定額オプションは、出張などで頻繁に海外を訪れる方向けと言っていいでしょう。

また、「そんなに頻繁に海外に行くわけじゃないから端末代を払いたくない。」と言う方もいらっしゃると思います。

そんな方には、空港で手軽にレンタルできるレンタルWi-Fiルーターがおすすめです。

レンタルWi-Fiルーターは、ネットから簡単に申し込みができ、出国前に空港で借りて帰国時にそのまま空港で返却できるサービスです。

端末をレンタルするので端末代を負担する必要がなく、より安く利用できます。空港別でレンタルサービスを提供している事業者が異なるため、事前に確認しておきましょう。

空港別の事業者の確認はこちらから👇👇👇

https://kakaku.com/mobile_data/world-wifi/airport/

通話料金は国・地域により異なる

次に、海外での通話料金について解説します。

通話料金は、それぞれの国や地域により異なります

例えばハワイで通話をする場合、30秒あたり36円なので、仮に10分間通話をすると720円かかります。

それに対して、イランやインドでは30秒あたり149円と割高なので、10分間の通話で2,980円もかかってしまします。

通話料金がいくらかかるかは、渡航先により変わってくるので、事前に確認しておきましょう。

各国・各地域別の通話料金はこちら👇👇👇

https://www.softbank.jp/mobile/service/global/outgoing/call/international-calls/

国際電話のかけ方

国際電話のかけ方について4パターン解説します。

国際電話のかけ方4パターン

  1. 渡航先から、日本にかける場合
  2. 渡航先に一緒に滞在していて、日本の携帯を利用している相手にかける場合
  3. 渡航先から、日本や渡航先以外の国の相手にかける場合
  4. 渡航先で、渡航先の携帯電話を利用している相手にかける場合

1.渡航先から、日本にかける場合

渡航先から日本にかける場合は、「+」、「81」、「相手の電話番号」の順で入力しましょう。

「+」を入力する際は、「0」または「*」キーの長押し等で入力出来ます。

「相手の電話番号」の入力の際は、最初の「0」を除く必要があります。

出典:https://www.softbank.jp/mobile/service/global/overseas/voice-call/calls-receiving/

2.渡航先に一緒に滞在していて、日本の携帯を利用している相手にかける場合

渡航先に一緒に滞在していて、日本の携帯を利用している相手にかける場合は、上のパターン1と同様です。

3.渡航先から、日本や渡航先以外の国の相手にかける場合

渡航先から、日本や渡航先以外の国の相手にかける場合は「+」「国番号」「相手の電話番号」の順で入力しましょう。

「+」を入力する際は、「0」または「*」キーの長押し等で入力出来ます。

「国番号」は、着信相手の滞在場所により変わるので確認しましょう「相手の電話番号」の入力の際は、最初の「0」を除く必要があります。

各国の国番号の確認はこちら👇👇👇

https://www.softbank.jp/mobile/service/global/overseas/voice-call/calls-receiving/

出典:https://www.softbank.jp/mobile/service/global/overseas/voice-call/calls-receiving/

4.渡航先で、渡航先の携帯電話を利用している相手にかける場合

渡航先で、渡航先の携帯電話を利用している相手にかける場合は、相手の電話番号のみ入力しましょう。

もし繋がらない場合は、パターン3のかけ方を試してみてください。

通話料金をかけずに国際電話をする方法

ここまで国際電話について解説してきましたが、国際電話では30秒あたりの通話料金が比較的安いハワイでも、10分間通話をすると720円もかかってしまします。

短い電話でも滞在中に何度も利用すれば、それなりの額になってしまいますよね。

そこで通話料をかけない方法として、LINEやカカオトークなどのアプリの利用をお勧めします。

これは、データ通信料のみの負担になるので通話料金がかかりません。

ラインの無料通話は、1時間あたりのデータ消費量がわずか18MBなのでほとんど気にならないでしょう。

また音質は、スマホの通話と比べると多少劣ると感じる方もいるかとは思いますが、通話に支障がでることはありません。

まとめ

きりもちゃん

トロちゃんに教えてもらわなかったら大金払うところだったよ
あまり海外旅行に行ったことない人はこんなの知らないよね

トロ

きりもちゃん

じゃあハワイいってくるね〜⭐️

コメントを残す