LINEモバイルのメリット・デメリット!カウントフリーが超お得!

格安SIM業界にLINEが一歩踏み込み、「LINEモバイル」を始めました。

SIMを購入してスマホに挿し、少し設定するだけでスマホを格安で使えてしまうのは大きな魅力です。

それに加えて「子どもに持たせるのも安心!」ととても評判が良いLINEモバイルなのですが、スペックや料金はどのようになっているのでしょうか。

今回の記事では、これから先もしかしたら主流になるかもしれないLINEモバイルについて見ていきましょう。

LINEモバイルのべーシックプランの内容

LINEモバイルのベーシックプランの料金表は、以下のとおり!

容量 データSIM
(SMS付き)
音声通話SIM
500MB 600円 1,100円
3GB 980円 1,480円
6GB 1,700円 2,200円
12GB 2,700円 3,200円
SIMタイプと月間のデータ容量を選んでね

トロ

LINEモバイルのデータフリーオプション

ベーシックプランの月額料金は、「基本利用料+データフリーオプション」で決まります。

きりもちゃん

データフリーオプション?

「データフリーオプション」とは、特定のサービスを通信量の消費なしで使えるオプションのこと。

例えば、LINEでメッセージを送るとき、通常ならデータ通信量を消費しますよね。

ところが「LINEデータフリー」のオプションに加入すれば、LINEのデータ通信はゼロになります。

さらに速度制限がかかっても、データフリーオプションの対象サービスは関係なしに高速通信できます!

つまりデータフリーオプションに加入すると、データ容量に関係なく、特定のサービスのデータ通信がし放題になるんだよ!

トロ

LINEモバイルのデータフリーオプションは、以下の3種類あります。

オプション オプション料金
LINEデータフリー +0円
SNSデータフリー +280円
SNS音楽データフリー +480円

LINEデータフリー

LINEデータフリーの対象はLINEです。

月間のデータ容量にかかわらず、LINEのデータ通信がし放題になります。

特に注目なのが、LINEの音声通話やビデオ通話もデータフリーの対象になること!

LINE通話は通話料金が無料ですが、データ通信量を消費してしまいます。

しかしLINEデータフリーに加入すれば、データ通信量を気にすることなく、LINE通話ができるんです!

きりもちゃん

これはすごいね!

さらに、LINEデータフリーの月額料金は、なんと0円

きりもちゃん

えぇっ!?タダってこと?
そうなんだ!だからLINEをたくさん使う人には、LINEモバイルがおすすめだよ

トロ

SNSデータフリー

SNSデータフリーの対象は以下の通り。

  • LINE
  • Twitter
  • Facebook

きりもちゃん

あれ?Instagramは?
SNSデータフリーだとInstagramは対象外なんだよ

トロ

SNSデータフリーを付けられるデータ容量は以下の3つ。

  • 3GB
  • 6GB
  • 12GB

月間のデータ容量が500MBのプランは対象外なので、注意しましょう。

SNSデータフリーの月額料金は+280円

SNSデータフリーは、TwitterやFacebookをよく見るって人におすすめだよ

トロ

SNS音楽データフリー

SNS音楽データフリーの対象は以下の通り。

  • LINE
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • LINE MUSIC

SNS音楽データフリーでは、SNSデータフリーでは対象外だったInstagramや、「LINE MUSIC(ライン・ミュージック)」も対象になっています。

きりもちゃん

Instagramはこっちに入ってるのね。もう1つのLINE MUSICっていうのは?

LINE MUSICは、「LINE MUSIC株式会社」が運営する音楽ストリーミングサービスです。

ストリーミング再生はオンラインで音楽を聴くので、再生中はデータ通信量を消費します。

しかしSNS音楽データフリーに加入すれば、データ通信量がゼロでLINE MUSICで音楽が聴けます

SNS音楽データフリーの対象となるデータ容量は、以下の3つ。

  • 3GB
  • 6GB
  • 12GB

こちらもSNSデータフリー同様、500MBは対象外になっています。

SNS音楽データフリーの月額料金は+480円

オプション月額料金

全SIM用オプション

端末保証 450円
持込端末保証 500円
10分電話かけ放題 880円
ウイルスバスターオプション 420円
LINE MUSICオプション 750円
フィルタリングオプション 無料
留守番電話 300円
割込通話 200円
グループ通話 200円
通話明細 100円
転送電話 無料
国際電話 無料
国際ローミング(au不可) 無料

LINEモバイルのメリット・デメリット

LINEモバイルのメリット

データの消費なくSNSを利用できる

多くの時間をSNSに使っている人も多いと思いますが、カウントフリーなら指定のサービスのデータ通信量がゼロになります!

これでプランを安いものに変えて節約することもできますね。

LINEの年齢認証をすることができるからID検索を利用することができる

多くの格安SIMは年齢認証ができないので、ID検索をすることができません。

しかし、LINEモバイルはID検索ができるため、他の格安SIMよりも連絡先を交換しやすく非常に便利です。

LINE Payカードで支払えるのでクレジットカード無しで申し込める

格安SIMは基本的にクレジットカード決済になりますが、LINEモバイルはLINEPayで支払ます。

そのため、クレジットカードがない人でもLINEモバイルを契約することができます。

通信速度が速い

格安SIMは大手キャリアの回線を借りているので、一般的に大手キャリアと比較して通信速度が遅いです。

そんな中でも、LINEモバイルは比較的通史速度が速いです。

子供用のフィルタリングアプリが無料で使える

子供が悪質サイトなどにアクセスしてしまうリスクを考慮し、LINEモバイルにはフィルタリングアプリを無料で使えるサービスが付けられています。

LINEモバイルのデメリット

SNS系アプリを使わないと月額料金が割高

LINEモバイルは月額の基本料金が割高ですので、もとを取るためにはSNSアプリを結構使う必要があります。

データ通信量の最大容量が小さい

1GB~10GBのデータ容量プランがありますが、よくインターネットを使う人なら10GBなんてあっという間、という方は多いのではないでしょうか。そういった方には少し物足りないSIMかもしれません。

LINEモバイルについてよくある質問

端末セットに保証はあるのか

しっかりと端末セットにも保証がありますし、LINEモバイルでSIMだけ契約して自分の端末を使う場合でもスマートフォンに対しても保証をつけることができます。

音声通話をつけると結局高いのか

月額費用は他社と変わりません。

500円ではLINE関係だけが無料なのか

500円ではLINEのみ無料となり、FacebookやTwitterは3GBの1,100円のプランからになります。

支払いはクレジットのみなのか

支払いは

  • クレジット
  • LINEPay

のみになります。

アフターサービスは充実しているのか

メールやLINEのチャット、フリーダイアルの電話対応などがあります。

LINEモバイル お問合せ先
0120-142-275(年中無休10:00~19:00)

まとめ|LINEモバイルは使い方によって得する人・損する人がすごく分かれる

インターネットはあまり使わないけども、SNSはよく使う人はすごく向いているSIMになりますのでよければご検討くださいね。

コメントを残す