iPhone SE(第2世代)はコスパ抜群!11 ProやPixel 3aと比較!

きりもちゃん

トロちゃん!ついにiPhone SE発売されたね!!
やっとだね!すっごく安いのに性能いいからコスパ抜群だよ〜🐽💨

トロ

この記事のポイント
  • コンパクトな7インチ高画質Retina HDディスプレイ搭載
  • CPUにiPhone 11 Proと同じA13 Bionicチップ搭載
  • 防水・防塵対応
  • eSIMによるデュアルSIM対応(2つの電話番号に対応)
  • ホームボタンが復活(Apple Payによる支払い認証も可能)

iPhone SE(第2世代)のスペック

新しく登場したiPhone SEは、鮮やかな4.7インチRetina HDディスプレイiPhone 11 Proと同じA13 Bionicチップを搭載し、価格はiPhone 11 Proの半額以下とコスパ抜群なiPhoneです。

その他、ポートレートモードを搭載した高性能カメラ、4Kビデオ撮影、セキュリティを高めたTouch IDなども搭載しています。

項目 数値
サイズ(mm) H138.4×W67.3×D7.3
重さ 約148g
バッテリー容量 iPhone 8とほぼ同じバッテリー駆動時間
・ビデオ再生:最大13時間
・ビデオ再生(ストリーミング):最大8時間
・オーディオ再生:最大40時間
プラットフォーム iOS 13
CPU A13 Bionicチップ
ROM / RAM容量 64GB / 128GB / 256GB / 3GB
ディスプレイ 4.7インチ
表示方式 Retina HDディスプレイ
解像度 1,334 x 750ピクセル解像度
カメラ [メイン]12MP広角カメラ
[サブ]7MPカメラ
無線LAN 2×2 MIMO対応802.11ax Wi‑Fi 6
Bluetooth® Bluetooth 5.0ワイヤレステクノロジー
おサイフケータイ ◯ リーダーモード対応NFC、FeliCa
デザリング
指紋認証
発売日 2020年4月
製造メーカー Apple

iPhone SE(第2世代)の主要機能

見所を紹介していくよ〜

トロ

コンパクトな4.7インチ高画質Retina HDディスプレイ搭載

新しいiPhone SEは、高画質なRetina HDディスプレイを搭載しており、iPhone 8と同じ仕様です。

1334×750ピクセルの解像度はiPhone 11 Proと比べると少し狭いですが、日常で使う分には問題ありません。

また、True Toneディスプレイにより、発色も良く、このディスプレイに不満を抱く人も少ないはずです。

CPUにiPhone 11 Proと同じA13 Bionicチップ搭載

iPhone SEのCPUは、iPhone 11 Proと同じA13 Bionicチップを搭載しています。そのため、ゲームや動画、他のどんなアプリでも快適に動作します。

この点は、同価格帯のスマートフォンよりも優れていて、最新のOSにも柔軟に対応することができます。

防水・防塵対応

このiPhone SEは、もちろん防水・防塵に対応しているので、水に濡れても、ホコリの場所であっても安心して使用することができます。

eSIMによるデュアルSIM対応(2つの電話番号に対応)

eSIMの設定はとっても簡単。携帯会社から指定されたバーコードを読み取るだけで設定が完了します。

1つは大手キャリア回線、1つは格安回線と使い分けることもできます。また、電話番号を2つ持てるので、会社と個人用に分けることも可能です。

ホームボタンが復活(Apple Payによる支払い認証も可能)

iPhone SEにホームボタンが復活しました!

このホームボタンにはTouchIDが搭載されており、ロック画面の解除やApple Payでの支払い認証ができます。

機種代金

iPhone SEの金額と購入できる場所を紹介するよ!

トロ

【iPhone SEアップルストア価格】

容量 価格
 64GB 44,800円
128GB 49,800円
256GB 60,800円

新しいiPhone SEは、64GBで44,800円〜とiPhone 11 Proの約半額で購入できます。

きりもちゃん

最近10万超えばっかだったから、すっごく安く感じる!

新しいiPhone SEはアップルのオンラインストアで購入できます。

大手携帯電話キャリアでは、それぞれiPhone SEの予約を開始しています。早く手に入れたいなら、アップルのオンラインストアでの購入がおすすめです。

アップルストアで購入したiPhone SEはSIMフリー版なので、大手携帯キャリア回線から格安スマホ回線まで自由に選んで使えます。

また、海外にも対応しており、現地の空港などでSIMカードを購入すればすぐに現地の回線を使用することができます。

アップルストアで前の機種から機種変更をすると、下取りをして割引を行うサービスがあるので、次のiPhoneをお得に購入できます。

一方、キャリア版のメリットと言えば、分割で購入できる点と、キャリアの高速な4G LTE回線を使用できる点です。

新しいiPhone SEはiPhone 8よりも処理速度が格段にアップしており、キャリアの高速な4G LTE回線を使用することで、より快適さを体感することができます。

反対に、外で使うことが多い人は、快適な4G LTE回線が使えるキャリア版がおすすめです。

初代iPhone SEとの違い

初代iPhone SEと新しいiPhone SEの違いは、iOS13やA13 Bionicチップ、ディスプレイサイズが4.0インチから4.7インチになったことです。

多くのアップルファンは従来の4インチディスプレイを期待していましたが、アップルは既存の部品を使えるために4.7インチを選んだようです。

それでも、今使うとこのサイズでも充分コンパクトに感じるので、家で使うのも外に持ち出して使うのにもピッタリです。

性能的には、新しいiPhone SEはiPhone 11 Proと同じくらいの処理速度があるので、まったく不満はありません。

iPhone SEとiPhone11 proとの比較

【iPhone SEとiPhone 11 Proのスペック比較表】

項目 iPhone SE iPhone 11 Pro
サイズ(mm) H138.4×W67.3×D7.3 H144×W71.4×D8.1
CPU A13 Bionic A13 Bionic
ROM/RAM容量 64/128/256GB/3GB 64/256/512GB/4GB
ディスプレイ 4.7インチ 5.8インチ
解像度 1,334×750ピクセル解像度 2,436×1,125ピクセル解像度
カメラ[アウト] 12MP広角カメラ トリプル12MPカメラ(超広角、広角、望遠)
カメラ[イン] 7MPカメラ 12MPカメラ
プラットフォーム iOS 13 iOS 13
バッテリー容量 1,821mAh 3,046mAh
最新のiPhone SEとハイスペックモデルのiPhone 11 Proを比較するよ〜

トロ

iPhone SEとiPhone 11 Proどちらも、長く使える機種です。その点では、どちらも買って損のない一台だと言えるでしょう。

一番の違いはカメラとディスプレイです。iPhone 11 Proのカメラは特徴的なトリプルカメラで超広角や望遠撮影が可能です。

Appleのホームページには、有名な写真家がiPhone 11 Proで撮影した写真が載っていますが、目を疑うばかりの出来映えになっています。

そんな高画質な写真が撮れるのがiPhone 11 Proの魅力です。

また、ディスプレイも有機ELの5.8インチとほぼ不満のない広さで、かつ高性能です。トータルでの使いやすさや満足度ではやはりiPhone 11 Proの方が上になります。

iPhone SEの方は、iPhoneとしての基本性能に優れています。AirPodsや各種アクセサリー、Apple CarPlayなど様々な場面で最新のiOS13を使って楽しむことができます。

価格もiPhone 11 Proの半分以下で、同じA13 Bionicチップを搭載しているので動作も快適です。

コンパクトなサイズと基本性能の高さで、OSのアップデートも期待できるので長く使える一台と言えます。

きりもちゃん

11 Proは正直持て余すぐらい性能が高いから、あたしはSEで十分かも

同じ価格帯のGoogle Pixel 3aと比較

iPhone SEに近い価格帯のスマホと言えば、Google Pixel 3aがあります。価格は以下の通りです。

  • iPhone SE:44,800円
  • Gogle Pixle 3a: 48,600円

現在、Google Pixel 3aは割引セールも行われているので、かなりお得です。

スペック的にはiPhone SEの方が上ですが、カメラ性能やオシャレな外観デザインはiPhone SEにも負けていません。

Google Pixel 3aは、画面サイズも5.6インチと大きくて便利です。

一方のiPhone SEは基本性能の高さと、Apple Car Playなどの様々なサービスやアクセサリーが用意されている点が便利です。

この2台は価格も近いのでかなり迷いそうですね。

あとは、これから新しいGoogle Pixel 4aも登場するようなので、要チェックです!

きりもちゃん

Android派とiOS派でわかれそうね

まとめ

新しいiPhone SEは、カメラ性能も少し前のiPhone Xに迫る性能を持っているということで、有機ELディスプレイを搭載していない所以外は、ほぼハイスペック機種に近い構成となっています。

まとめとしては、このiPhone SEは「アップルよくやった!」と言えます。価格も安いので、サブ機種としてiPhoneを持つのもいいし、メインとしても十分に使えます。

さらに高性能な写真やビデオ、綺麗なディスプレイや大容量バッテリーが欲しい人はiPhone 11 Proをおすすめします。

ただし、価格は2倍以上もするので、どれくらいの性能がいるか今一度確認しましょう。

iPhone SEを購入して、残りの金額をAirPodsなどのアクセサリーやApple Musicなどに使うのも賢いやり方です。

iPhone SEのような低価格のiPhoneでも不満なく使えるのは、A13 bionicチップを搭載し、iOS13という最新のOSが使えるからです。

これからの時代は、さらにキャッシュレスや様々な電子取引のアプリにも対応していかなければいけません。

アップルとしても、新しいiPhone SEのスペックはiPhone 11 Proよりも低くても、基本的な所でのスペックは同じにする必要があったと予想します。

それは、単純に他のライバル機種とスペックや外観を比べるだけでなく、アップルの長所である「セキュリティ性能」を維持するためでもあります。

かつては、アメリカのオバマ大統領はブラックベリー社のスマホを愛用し、トランプ大統領はサムスンのギャラクシーを愛用していたようですが、今はiPhoneを使っているようです

それは、単純にiPhoneのセキュリティ性能が一番高いからです。

同じように、アップルのMac Bookシリーズも「T2」セキュリティチップを搭載して、セキュリティを高めています。

このように、ライバルよりも安心を売りにすることが今後のアップルの戦略の一つになっています。

開かれたオープンソースを使用したGoogleに対して、独自で製品を開発するアップル、将来どちらが優位に立つかは今の所は分かりませんが、今のところ一番安心して使えるのはiPhoneで間違いないです。

今後のアップルは、新しい高性能なAirPodsが登場するので、またファンに新しい体験を届けてくれそうです。もちろん、このAirPodsは新しいiPhone SEでも使うことができます。

初めてiPhoneを使う人にも、機種変更の人にもiPhone SEはコスパが高くてかなりおすすめできる機種です。この機会に、ぜひ手に取ってiPhone SEを体験してみてください。

コメントを残す