人気の格安SIM5社を速度と料金で徹底比較!

きりもちゃん

ねえトロちゃん、格安SIMの会社多すぎてどれがいいかわからないよ〜
比較するポイントは、速度と料金の2つだけだよ!次の5社で比較してみるよ〜

トロ

比較する格安SIM
  • Y!mobile
  • UQモバイル
  • mineo
  • BIGLOBEモバイル
  • LINEモバイル
この記事のポイント
  • 通信速度が速くて安定しているのは、UQモバイルとY!mobile
  • 通常月額料金が安いのは、mineoやBIGLOBEモバイル、LINEモバイル
  • 割引を適用した月額料金が安いのは、Y!mobileとBIGLOBEモバイル
  • 速度と料金で比較した、最終的なおすすめはY!mobile

格安SIM5社を通信速度で比較

まずは通信速度で比較するよ!

トロ

格安SIM事業者はそれぞれ別の回線を使っているので、通信速度は各社で異なります。

必ず通信速度を確認したうえで、格安SIMを選びましょう。

きりもちゃん

でも、どうやって速度を比較すればいいの?
いろんな格安SIMの通信速度をリアルタイムで計測してるサイトがあるよ〜

トロ

今回、速度の比較に利用したのは「SIMW」というサイト。

SIMWでは、3大キャリアも含めた11社の回線速度を計測して、その結果を公開しています。

4月26日(日曜日)の「0時」「6時」「12時」「18時」に計測された、格安SIM5社の下り速度(Mbps)は、それぞれ以下の通りでした。

格安SIM 0時 6時 12時 18時 平均
Y!mobile 2.6 8.8 8.5 7.3 6.8
UQモバイル 14.6 12.5 12.8 19.6 14.9
mineo 6.0 7.4 5.7 5.6 6.2
BIGLOBE
モバイル
14.8 19.9 2.0 2.0 9.7
LINEモバイル 9.0 9.6 0.9 0.9 5.1

※単位=Mbps。mineoは「Dプラン(ドコモ回線)」の速度

きりもちゃん

へぇ~。便利だね~
ただしSIMWのデータは、あくまで参考程度にしておいてね

トロ

SIMWで公開されている通信速度は、東京都新宿区で計測されたものです。

各社の通信速度は、測定した地域や場所によって大きく異なります

ここでは、新宿区で計測した速度ランキングを紹介します。

1位:UQモバイル

格安SIM 0時 6時 12時 18時 平均
UQモバイル 14.6 12.5 12.8 19.6 14.9

18:00の速度は、なんと20Mbpsに届く勢い

さらに、他の格安SIM事業者と違って、全ての時間帯で10Mbps以上を記録しています。

速度の速さもさることながら、安定感が抜群なのも、UQモバイルの魅力です。

2位:BIGLOBEモバイル

格安SIM 0時 6時 12時 18時 平均
BIGLOBE
モバイル
14.8 19.9 2.0 2.0 9.7

BIGLOBEモバイルも、最大速度は約20Mbps

23:00から8:30までは、安定して10Mbpsを超えています。

ただしBIGLOBEモバイルの速度は、安定感に欠けるのがデメリット

9:00から22:30までの速度は、どの時間帯も2Mbpsほどしかありません。

どの時間帯でも安定してネット通信をしたい人には、向かないと言えるでしょう。

3位:Y!mobile

格安SIM 0時 6時 12時 18時 平均
Y!mobile 2.6 8.8 8.5 7.3 6.8

きりもちゃん

え?Y!mobileは速いってイメージがあったんだけど…

Y!mobileは、厳密には格安SIM事業者ではなく、ソフトバンクのサブブランドです。

キャリアから回線の一部を借りている格安SIMと違って、ソフトバンクの自社回線を使っているため、通信速度は格安SIMより速くなっています。

にもかかわらず、SIMWでの実測は今ひとつな結果に…。

この原因は、ソフトバンク回線にありそうです。

SIMWのデータを見れば分かる通り、新宿区ではドコモやauに比べて、ソフトバンクの通信速度がガクンと遅くなっています

そのため、Y!mobileの速度も遅くなってしまっているのです。

ソフトバンクの速度が速い地域で計測すれば、Y!mobileの計測結果も、より高い数値を弾き出すでしょう。

4位:mineo

格安SIM 0時 6時 12時 18時 平均
mineo 6.0 7.4 5.7 5.6 6.2

mineoは、どの時間帯をとって見ても、10Mbpsを超える数値は計測されませんでした。

ただし、最低速度は5.58Mbpsと、決して悪くはない数値に

平均速度は今ひとつでも、際立って速度が遅くなる時間帯もありません。

そのため、安定感に優れた格安SIM事業者だと言えるでしょう。

5位:LINEモバイル

格安SIM 0時 6時 12時 18時 平均
LINEモバイル 9.0 9.6 0.9 0.9 5.1

LINEモバイルでは、22:30~10:30までは比較的高い数値が出ているものの、11:00~22:00までの速度はたったの1Mbps前後

1Mbpsという速度は、もはや高速ではなく、低速と呼ばれてしまうレベルです。

こちらもBIGLOBEモバイル同様、快適にネット通信をしたいという人には、向かないと言えるでしょう。

格安SIM5社を通常月額料金で比較

きりもちゃん

次に、格安SIM5社を月額料金で比較していくよ

格安SIM5社の月額料金の比較表は、以下の通り。

容量 Y!mobile UQモバイル mineo BIGLOBE
モバイル
LINEモバイル
0.5GB 1,310円 1,100円
1GB 1,400円
2GB
3GB 2,680円 1,980円 1,510円 1,600円 1,480円
6GB 2,190円 2,150円 2,200円
9GB 3,680円 2,980円
10GB 3,130円
12GB 3,400円 3,200円
14GB 4,680円 3,980円
20GB 4,590円 5,200円
24GB
30GB 6,510円 7,450円

※いずれも「音声通話SIM」の料金。mineoは、一番安い「Aプラン(au回線)」の料金を記載

きりもちゃん

Y!mobileだけ、他の格安SIMより高くない?
Y!mobileには、10分かけ放題が付いてるからね

トロ

Y!mobileでは、他の格安SIMでは有料オプションになっている「10分かけ放題」が、最初からプランに含まれています

その分、他社より料金が高めに設定されています。

ここでは格安SIM5社の月額料金を、「3GB」「6~9GB」「10~14GB」の3つで、それぞれ比較していきます。

通常月額料金を3GBで比較

まずは、3GBでの月額料金を比較していくよ

トロ

容量 Y!mobile UQモバイル mineo BIGLOBE
モバイル
LINEモバイル
3GB 2,680円 1,980円 1,510円 1,600円 1,480円

3GBのプランで、月額料金が安い順番は、以下の通りです。

  1. LINEモバイル
  2. mineo
  3. BIGLOBEモバイル
  4. UQモバイル
  5. Y!mobile

きりもちゃん

3GBだと、LINEモバイルが一番安いのね

速度にそこまでこだわりがなく、3GBのプランでとにかく月額料金を安くしたいのなら、LINEモバイルがおすすめです。

通常月額料金を6~9GBで比較

次に、6GB周辺のプラン。Y!mobileとUQモバイルには6GBのプランがないから、9GBまで広げて比較してみよう

トロ

容量 Y!mobile UQモバイル mineo BIGLOBE
モバイル
LINEモバイル
6GB 2,190円 2,150円 2,200円
9GB 3,680円 2,980円

6~9GBで、月額料金が安い順番は、以下の通り。

  1. BIGLOBEモバイル
  2. mineo
  3. LINEモバイル
  4. UQモバイル
  5. Y!mobile

きりもちゃん

mineoとBIGLOBEモバイル、LINEモバイルの月額料金は、ほとんど変わらないのね

1番安いBIGLOBEモバイルと、3番目に安いLINEモバイルの月額料金の差は、わずか50円。

誤差の範囲なので、月額料金ではなく、サービス面で選んでもいいでしょう

通常月額料金を10~14GBで比較

最後に12GB周辺。10~14GBで比較してみよう

トロ

容量 Y!mobile UQモバイル mineo BIGLOBE
モバイル
LINEモバイル
10GB 3,130円
12GB 3,400円 3,200円
14GB 4,680円 3,980円

10~14GBで、月額料金が安い順番は、以下の通りです。

  1. LINEモバイル
  2. mineo
  3. BIGLOBEモバイル
  4. UQモバイル
  5. Y!mobile

1番安いのはmineoの3,130円ですが、これは10GBのプラン。

LINEモバイルは12GBのプランで、mineoの10GBより70円高いだけなので、実質LINEモバイルが一番安いと言えるでしょう。

きりもちゃん

やっぱり安さで選ぶなら、LINEモバイルが良さそうだね

10分かけ放題を付けた月額料金を比較

次に、10分かけ放題を付けた場合の月額料金で比較してみよう

トロ

先ほども説明した通り、Y!mobileには5社のなかで唯一、最初から10分かけ放題が付いています。

この状態で比較すれば、Y!mobileの月額料金だけが、他の格安SIM事業者より高くなるのは当然です。

そこで、各社に10分かけ放題オプションを付けた月額料金を比較していきます。

各社の10分かけ放題の月額料金
  • Y!mobile…+0円
  • UQモバイル…+700円
  • mineo…+850円
  • BIGLOBEモバイル…+830円
  • LINEモバイル…+880円

「通常の月額料金+10分かけ放題の月額料金」の比較表は、以下の通りです。

容量 Y!mobile UQモバイル mineo BIGLOBE
モバイル
LINEモバイル
0.5GB 2,160円 1,980円
1GB 2,230円
2GB
3GB 2,680円 2,680円 2,360円 2,430円 2,360円
6GB 3,040円 2,980円 3,080円
9GB 3,680円 3,680円
10GB 3,980円
12GB 4,230円 4,080円
14GB 4,680円 4,680円
20GB 5,440円 6,030円
24GB
30GB 7,360円 8,280円

ここでも、「3GB」「6~9GB」「10~14GB」の月額料金を比較していきましょう。

10分かけ放題付きの月額料金を3GBで比較

まずは3GBで比較していくよ

トロ

容量 Y!mobile UQモバイル mineo BIGLOBE
モバイル
LINEモバイル
3GB 2,680円 2,680円 2,360円 2,430円 2,360円

3GBのプランに10分かけ放題を付けた場合、月額料金が安い順番は、以下の通りです。

  1. mineo・LINEモバイル
  2. BIGLOBEモバイル
  3. Y!mobile・UQモバイル

月額料金は、mineoとLINEモバイルが同じ額で、同率1位。

Y!mobileとUQモバイルも同額で、同率3位になっています。

10分かけ放題を付けても、mineoやLINEモバイルが安いのは相変わらずです。

しかしY!mobileとそれ以外の料金差が、ほとんどなくなっているのが分かりますね。

10分かけ放題付きの月額料金を6~9GBで比較

次に、6~9GBで比べてみよう

トロ

容量 Y!mobile UQモバイル mineo BIGLOBE
モバイル
LINEモバイル
6GB 3,040円 2,980円 3,080円
9GB 3,680円 3,680円

6~9GBのプランに10分かけ放題を付けた場合、月額料金が安い順番は、以下の通り。

  1. BIGLOBEモバイル
  2. mineo
  3. LINEモバイル
  4. Y!mobile・UQモバイル

6~9GBでは、BIGLOBEモバイルが最安になっています。

10分かけ放題付きの月額料金を10~14GBで比較

最後に、10~14GBで比較していくよ

トロ

容量 Y!mobile UQモバイル mineo BIGLOBE
モバイル
LINEモバイル
10GB 3,980円
12GB 4,230円 4,080円
14GB 4,680円 4,680円

10~14GBのプランに10分かけ放題を付けた場合、月額料金が安い順番は、以下の通りです。

  1. LINEモバイル
  2. mineo
  3. BIGLOBEモバイル
  4. Y!mobile・UQモバイル

一番安いのはmineoの10GBの3,980円ですが、LINEモバイルは12GBで4,080円。

容量が2GB多いのに100円高くなっただけなので、LINEモバイルを1位に置いています。

きりもちゃん

10分かけ放題を付けると、Y!mobileとUQモバイルは全部同じ金額なんだね
おっ!良いところに気がついたね

トロ

他の3社に比べると、Y!mobileとUQモバイルは、月額料金が少し高くなっています。

しかし、この2社は「準キャリア」とも呼ばれており、他の格安SIM事業者とは一線を画している存在です。

先ほども説明した通り、Y!mobileはソフトバンクのサブブランド

UQモバイルの運営会社である「UQコミュニケーションズ」は、auの運営会社であるKDDIのグループ企業です。

直接的な関係のないキャリアから回線を借りている格安SIM事業者と違って、キャリアと密接な関係にある準キャリアには、通信速度が速くて安定しているという特徴があります。

(ただし先ほど紹介したデータにもある通り、キャリアの速度が遅い地域では、準キャリアの速度も遅くなる可能性があります)

その分、月額料金は高めに設定されているのです。

準キャリアは大手キャリアと格安SIMの間って立ち位置だね

トロ

格安SIM5社を割引サービスで比較

ここまで、格安SIM5社の月額料金を比較してきました。

しかし、これはあくまで通常の月額料金です。

料金を比較するうえでは、割引サービスも考慮に入れなければなりません。

割引も考慮に入れると、料金の順位もガラッと変わるよ

トロ

ここでは、格安SIM5社の割引サービスの内容について紹介していきます。

Y!mobileの割引サービス

Y!mobileの割引サービスには、以下のものがあります。

割引 割引額 割引期間
新規割 -700円 6カ月間
おうち割 光セット(A)
or
家族割引サービス
(2回線目以降)
-500円 期間なし
ワイモバ学割(M・Rのみ) -1,000円 1年間
最大割引額 -1,200~-2,200円

Y!mobileには、以下3つのプランがあります。

  • S(3GB)
  • M(9GB)
  • R(14GB)

このうち「ワイモバ学割」を適用できるのは、MとRのみとなっています。

全ての割引サービスを使った場合、Sは-1,200円、MとRは-2,200円もの割引が受けられます。

さらにY!mobileでは、「データ増量無料キャンペーン2」が適用されます!

これは1年間にわたって、データ容量を以下の量に無料で増やせる特典です。

  • S:3GB→4GB
  • M:9GB→12GB
  • R:14GB→17GB

きりもちゃん

月額料金が最大2,200円も安くなるうえに、データ容量を3GBも増やせの!

UQモバイルの割引サービス

UQモバイルの割引サービスには、以下のものがあります。

割引 割引額 割引期間
UQ家族割(2台目以降) -500円 期間なし
UQ学割 -500~-1,000円 6~13カ月間
最大割引額 -1,000~-1,500円 6~13カ月間

UQモバイルのプランは、以下の3種類あります。

  • S(3GB)
  • M(9GB)
  • L(14GB)

「UQ学割」の割引額と割引期間は以下の通り、加入するプランによって異なります。

プラン 割引額 割引期間
S(3GB) -500円 13カ月間
M(9GB) -1,000円 13カ月間
L(14GB) -1,000円 6カ月間

全ての割引サービスを使った場合、最大割引額はSが-1,000円、MとLは-1,500円になります。

また、UQモバイルもY!mobile同様、以下のようにデータ増量ができます。

  • 3GB→4GB
  • 9GB→12GB
  • 14GB→17GB

ただしデータを増量するには、Y!mobileと違って、有料の通話オプションへの加入が必要です。

mineoの割引サービス

mineoでは、2020年4月時点で、「月額基本料金6カ月800円割引+データ容量1GB増量キャンペーン」を実施しています。

6カ月間にわたって、月額料金が-800円、データ容量が+1GBになります。

割引 割引額 割引期間
キャンペーン(3GB以上) -800円 6カ月間
複数回線割引 -50円 期間なし
家族割引 -50円 期間なし
最大割引額 -900円 6カ月間

キャンペーンの適用条件は、「デュアルタイプ(音声通話SIM)」かつ、3GB以上のプランで契約すること。

「複数回線割引」や「家族割引」も適用すれば、割引額は-900円です。

きりもちゃん

Y!mobileと比べると、割引額もデータ増量数も物足りない感じがするね
確かにね。でも、mineoはもともとの月額料金が安いから、これでも十分お得だよ

トロ

BIGLOBEモバイルの割引サービス

BIGLOBEモバイルでも、2020年4月時点で月額料金が割引になるキャンペーンを実施しています。

適用条件は、WEBか電話から、音声通話SIMの3GB以上のプランで契約すること。

これだけで、契約から6カ月間、月額料金がなんと1,600円も割引されます。

割引 割引額 割引期間
キャンペーン -1,600円 6カ月間
最大割引額 -1,600円 6カ月間
ちなみにBIGLOBEモバイルはキャンペーンに関係なく、初月は無料だよ

トロ

きりもちゃん

1,600円は大きいね!
うん!しかも学割や家族割と違って、誰でも1人で割引を受けられるから、すごくお得だよ

トロ

LINEモバイルの割引サービス

LINEモバイルでは、月額基本料が最大2カ月間0円になるキャンペーンを実施しています。

キャンペーンの適用条件は、音声通話SIMの3GB以上のプランで契約すること。

以下のように3GB以上のプランなら、月額料金が初月0円、2ヶ月目は-1,480円割引になります。

容量 初月 2ヶ月目 3ヶ月目~
(通常月額料金)
500MB 1,100円
3GB 0円 0円 1,480円
6GB 0円 720円 2,200円
12GB 0円 1,720円 3,200円

LINEモバイルは、割引期間が2カ月間しかないから注意してね

格安SIM5社を最安月額料金で比較

ここまで、各社の通常月額料金や、割引サービスについて説明してきました。

これらの情報をもとに、格安SIM5社の最安月額料金を比較してみましょう。

ただしLINEモバイルの割引は、期間が2カ月間しかないため、ここでは除外します。

UQモバイルのデータ増量も、有料の通話オプションへの加入が必要なため、ここでは考慮に入れていません。

また、ここでもY!mobileには10分かけ放題が含まれているということを、頭に入れておいてください。

格安SIM5社の最安月額料金の比較表は、以下の通りです。

容量 Y!mobile UQモバイル mineo BIGLOBE
モバイル
LINEモバイル
0.5GB 1,210円 1,100円
1GB 1,200円
2GB
3GB 980円 0円 1,480円
4GB 1,480円 610円
6GB 550円 2,200円
7GB 1,290円
9GB 1,480円
11GB 2,230円
12GB 1,480円 1,800円 3,200円
14GB 2,480円
17GB 2,480円
20GB 3,600円
21GB 3,690円
24GB
30GB 5,850円
31GB 5,610円

ここでは格安SIM5社の最安月額料金を、「3~4GB」と「11~14GB」、それぞれで比較していきます。

最安月額料金を3~4GBで比較

容量 Y!mobile UQモバイル mineo BIGLOBE
モバイル
LINEモバイル
3GB 980円 0円 1,480円
4GB 1,480円 610円

3~4GBのプランでは、最安月額料金が安い順番は、以下の通りです。

  1. BIGLOBEモバイル
  2. mineo
  3. UQモバイル
  4. Y!mobile
  5. LINEモバイル

1番安いのは、割引額が-1,600円のBIGLOBEモバイル。

3GBのプランなら、契約初月(0円)も含めた7カ月間、月額料金は0円になります!

きりもちゃん

7カ月も無料で使えるなんて、すごいお得だね

最安月額料金を11~14GBで比較

容量 Y!mobile UQモバイル mineo BIGLOBE
モバイル
LINEモバイル
11GB 2,230円
12GB 1,480円 1,800円 3,200円
14GB 2,480円

11~14GBのプランで、最安月額料金が安い順番は、以下の通り。

  1. Y!mobile
  2. BIGLOBEモバイル
  3. UQモバイル
  4. mineo
  5. LINEモバイル

きりもちゃん

あれ?Y!mobileが一番安くなってる

Y!mobileは3GBのプランだと、最大割引額は-1,200円

しかし9GBと14GBのプランでは、最大割引額が-2,200円になります。

これは比較対象の5社のなかで、最も多い割引額です。

通常の月額料金から最大割引額を引くと、5社のなかで月額料金が最も安くなります!

しかもY!mobileは、10分かけ放題が付いてて、この値段だからね

トロ

きりもちゃん

そっか!そう考えると、すごくお得ね!

格安SIM5社の総合おすすめランキング

ここまでの内容を表にまとめると、以下のようになります。

順位 通信速度 最安月額 通常月額 +10分かけ放題
3~4GB 11~14GB 3GB 6~9GB 10~14GB 3GB 6~9GB 10~14GB
1 UQ BIG Y! LINE BIG LINE mineo
LINE
BIG LINE
2 BIG mineo BIG mineo mineo mineo mineo mineo
3 Y! UQ UQ BIG LINE BIG BIG LINE BIG
4 mineo Y! mineo UQ UQ UQ Y!
UQ
Y!
UQ
Y!
UQ
5 LINE LINE LINE Y! Y! Y! LINE LINE

※通信速度は、東京都新宿区で計測されたもの

きりもちゃん

う~ん…。情報が多すぎて、どれがいいのか分からない…
そこでぼくのおすすめランキングを発表するよ〜

トロ

1位:Y!mobile

ぼくのイチオシはY!mobileだよ!

トロ

Y!mobileは格安SIM事業者ではなく、ソフトバンクのサブブランド

自社ブランドの回線を使っている分、通信速度が速く、安定しています。

SIMWのデータでは通信速度が3番目でしたが、これはそもそも計測地でのソフトバンクの速度が遅いから。

ソフトバンク回線の速度が速い地域でなら、ソフトバンクとほぼ変わらない速度で、ネット通信ができます。

Y!mobileは11~14GBの範囲では、各種割引を適用した最安月額料金が、格安SIM5社の中で最も安くなっています

さらにこの料金には、他の格安SIM事業者と違って、10分かけ放題も含まれているのです。

きりもちゃん

学割や家族割を適用できるなら、Y!mobileは特におすすめだね

2位:UQモバイル

UQモバイルはY!mobile同様、通信速度が速くて、安定しているのが特徴。

SIMWのデータでは、格安SIM5社のなかで、圧倒的な速度を計測しています。

以下の条件に当てはまるなら、Y!mobileと契約するよりも、月額料金がお得です。

  • 学割や家族割を適用して、3GBのプランで契約したい
  • 学割や家族割を適用せず、10分かけ放題を付けない

きりもちゃん

どちらか当てはまるなら、UQモバイルの方が良いってことね

3位:BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルはなんと言っても、月額料金を安くしたいという人におすすめ!

なにしろBIGLOBEモバイルでは、最初の6カ月間、月額料金が1,600円も割引されます。

(※2020年5月時点。音声通話SIMの3GB以上のプランで契約した場合)

学割や家族割を適用できない人で、とにかく料金の安さを重視するなら、BIGLOBEモバイルを選んでおけば間違いないでしょう。

ただしBIGLOBEモバイルは、Y!mobileやUQモバイルと違って、通信速度が安定していません

SIMWの平均速度では2位につけているものの、11:30~22:30の通信速度は2Mbpsほどしかありません。

きりもちゃん

日中遅いのはちょっときついかもな〜

4位:mineo

mineoは、通常月額料金と10分かけ放題を付けた場合の月額料金のランキングで、どの容量でも2位以内に入っています。

さらに最初の6カ月間は、月額料金が-800円割引になるほか、データ容量も1GB増量されます!

(※2020年5月時点。デュアルタイプかつ3GB以上のプランで契約した場合)

SIMWの平均速度は5社のなかで最下位ですが、安定しているのが特徴

通信速度が特別速くはありませんが、快適なネット通信ができないほど、遅くなることもありません。

きりもちゃん

料金が安いことのほかに、安定した通信も求めてる人におすすめってことね

5位:LINEモバイル

LINEモバイルは通信速度があまり速くないことと、割引サービスの期間が短いことから、この順位になりました。

特に、11:00~22:00の速度が1Mbpsほどしかないのは、大きなマイナス点です。

しかしLINEモバイルにも、メリットはあります。

それは、「データフリーオプション」を付けられること!

データフリーとは、特定のサービスの利用時には、データ通信量が消費されない機能です。

このオプションのうち、「LINEデータフリー」は、オプション料金がなんと0円となっています!

きりもちゃん

LINEのビデオ通話をよく使う人にはいいかもね

コメントを残す